Google+
本文へジャンプ

地震への備え

斜め板張り構法/超制震住宅構法/エアー免震
地震大国日本に家を建てる以上、いつ起こるかわからないがいつ起こってもおかしくない大地震への備えが必要です。


sonae-jsonae01.gif

sonae-taishin01.gif 建物に強い壁をたくさん入れることで全体の構造強化を図り、大地震で建物は破損しても崩壊による人命損傷を避けようとする考え。相撲で言えば押し出し
sonae-seishin01.gif 建物の壁に地震によるエネルギーを吸収または相殺する装置を付けることで揺れを低減させようという考え。相撲出言えばうっちゃり
sonae-menshin01.gif 建物と地盤を切り離すことにより地震の揺れを建物に伝えないという考え。相撲で言えば不戦勝



sonae-tokuchoi01.gif

sonae-taishin01.gif 1階の揺れは地盤と同じだが2階は1階よりも揺れが大きくなる。室内は家具の倒れ防止が必要。大地震の後に壁・柱等に損傷の恐れがあり診断の上補修が必要な場合もある。
sonae-seishin01.gif 耐震にプラスすることにより揺れによる変形が押さえられる。室内は揺れが軽減されるものの家具の倒れ防止は必要。大地震の後状況によっては壁・柱等に損傷の恐れがあり診断の上補修が必要な場合もある。
sonae-menshin01.gif 内部の揺れを免れるため家具の倒れを最小減に押さえられる。理想的な工法と言えるがイニシャルコストが割高になる。他の工法での大地震後の修繕費等を含めたライフサイクルコストで考えると安いとも言える。



sonae-inouedewa01.gif

sonae-taishin01.gif 建物内部の筋違に加え外部全体に無垢板を斜め張りすることにより粘りのある耐震にする斜め板張り構法を採用しております。
sonae-seishin01.gif 柱等の軸組と面材の間にテープ状の粘弾性ダンパーを介在させることで変形を低減させる超制震住宅構法を採用しております。
sonae-menshin01.gif 震度4以上の揺れでセンサーが働き、基礎のコンクリートスラブの下に空気を送り込むことにより、瞬時に家をまるごと宙に浮かせ地面との接点をなくし家に伝わる揺れを軽減する「エアー免震」を採用しています。信じられないような技術ですが体育館ぐらいの規模の建物でも空気の力で簡単に浮かすことが可能です。まだあまり知られていませんがテレビで取り上げられたこともあります。

 

sonae-jikenphoto01.gif
sonae-jiken01.jpg
お問い合わせはこちら

ブログ 井上修一日記

井上修一

株式会社井上建築工業
代表 井上修一
   一級建築士



左のQRコードを読み取ると、
井上建築工業携帯サイトへ
アクセスできます。

    • いい家ネット
    • トステムのリフォームマジック
    • ジャイアンツ
    • 正当なCSSです!
    • キッチンアイ
    • リフォームタウン

家づくりは幸せの器づくり 井上建築工業の施工地域一覧

井上建築工業では、栃木県小山市を中心に、自然素材の一戸建てをメインに建築工事を承っております。

栃木県小山市、栃木県宇都宮市、栃木県さくら市、栃木県鹿沼市、栃木県佐野市、栃木県足利市、栃木県栃木市、栃木県下野市、栃木県真岡市、栃木県高根沢町、栃木県芳賀町、栃木県市貝町、栃木県茂木町、栃木県益子町、栃木県上三川町、栃木県壬生町、栃木県西方町

茨城県桜川市、茨城県筑西市、茨城県結城市、茨城県古河市、茨城県八千代町、茨城県境町、茨城県五霞町

群馬県太田市、群馬県館林市、群馬県邑楽町、群馬県大泉町、群馬県千代田町、群馬県明和町、群馬県板倉町

埼玉県羽生市、埼玉県加須市、埼玉県久喜市、埼玉県幸手市、埼玉県杉戸町

▲このページの先頭へ